用語のご説明

着手金

ご依頼を受ける事務処理の結果に成功、不成功があるものについて、結果いかんにかかわらずご依頼の当初にいただく弁護士費用のこと。

当初は示談交渉からスタートし、後に訴訟を提起する場合などは、示談交渉としての着手金、訴訟としての着手金を段階的にいただくことが多い。

また、依頼者様の経済状況によっては、分割によるお支払いも可能。ご依頼の際にご相談ください。

 

報酬金(成功報酬)

ご依頼を受ける事務処理の結果に成功、不成功があるものについて、成功の程度に応じて終了時にいただく弁護士費用のこと。

相手方に金銭等を請求する場合には、結果として得られた金銭等の評価額をもとにパーセンテージで取り決めることが多い。離婚事件、刑事事件などでは、結果としてどのような条件で離婚となったか、結果としてどのような処分になったかによって、場合を分けて取り決めることが多い。

 

日当

ご依頼をいただいた各手続において、弁護士が久留米市外の裁判所、事故現場等に出張して活動した場合に日当が発生する。1時間当たり1万円(税別)が目安だが、事案により定額制(1回当たりいくら)とすることもある。

遠方の裁判所でも、民事や家事の裁判等では電話会議により手続を進めることがあり、この場合は日当は発生しない。

 

実費

示談交渉等に際し、郵便切手代、コピー代、交通費等が発生する。
カルテ類のコピーを病院から取り寄せる場合、病院から手数料を請求されることが多い。

訴訟提起に際しては、裁判所が定めるちょう用印紙代(概ね請求額に比例)、あらかじめ納める郵便切手代等が発生する。
このほかにも、弁護士法による照会制度の利用手数料(実況見分調書の取り寄せ等)、専門の医師への鑑定依頼に際して謝礼等が発生する場合がある。

これらを総称して実費というが、実費は弁護士報酬とは別に請求することとなる。事案の着手時、途中経過時、終了時の適宜の段階で精算を行う。