弁護士に気軽にご相談を - 顧問契約のご案内

1.法律顧問契約・顧問弁護士について

弁護士北村は、中小企業様の商取引上の疑問点、クレーム処理、労務問題等の日常的なお悩みに対応するため、法律顧問契約に力を入れております。

「こんなことは弁護士さんに相談するまでもないかもしれません」とおっしゃる方の相談に乗る中で、法的な問題点、解決方法をアドバイスすることができ、紛争の予防につながるケースも多いのです。

また、裁判沙汰にはしたくないものの、相手方との交渉が必要なケースにおいて、とりあえず今後の対応を継続的に検討するために法律顧問契約を行う場合もございます。

更に、弁護士北村は、2014年4月より中小企業診断士(経済産業大臣認定)に登録しております。今後は法的サービスのみならず、関係機関とのネットワークも活かして経営・財務の面からもアドバイスすることができるよう努力いたします。

中小企業様の転ばぬ先の杖として、ぜひ法律顧問契約・顧問弁護士をご活用ください。

 


法律顧問契約の具体例

  • 保護者からのクレーム対応に悩まされた保育所運営の法人様に、適切な対応を協議・アドバイスするケース
  • 今後の事業継続の可否を検討する法人様に、事業面での問題点を検討の上、任意の整理も含めて継続的にアドバイスするケース 

 

 

2.法律顧問契約のメリット

  • その1 月々お支払いただく顧問料は、必要経費として損金処理が可能です。
  • その2 面談相談だけではなく、電話、ファックス、インターネットメール等、適宜の手段を利用して受付時間外でも優先して相談に応じます。
  • その3 代表者様のみならず、各部署の担当者様からの相談にも応じます。
  • その4 契約書類のチェックのみならず、簡易な書類作成についても顧問契約に含まれます。
  • その5 継続の相談をする中で、事業所様の状況への弁護士側の理解と弁護士業務に対する事業所様の理解が相互に深まり、実情に応じたご提案・アドバイスが受けやすくなります。
  • その6 個別案件の交渉、法的手続きが必要となる場合、弁護士費用の一定額を割り引いたり、事案によっては着手金が無料となります。  

 

 

3.顧問料

基本料金 月額3万円~6万円(税別)

事業所様の規模や予想される執務内容に応じて、協議の上決定させていただきます。

個人事業主様の場合は、上記よりも低額でも応じる場合がございます。お気軽にご相談ください。

 

ゲーテハウスにて。ドイツの文豪ゲーテは若き日の一時期、弁護士であった。【フランクフルト 2018年】