高齢者の財産をまもる。成年後見制度

「身寄りのない自分が認知症になったら、だれが財産を管理してくれるのか・・・」

「兄は働きもせず母の年金を使っている。何とかできないかしら」

高齢化社会の進展によりお年寄りの数も増えていますが、元気な方ばかりとは限りません。判断能力が低下した高齢者も比例して増えており、厚生労働省の2012年調査では、認知症高齢者の数は462万人、2025年には700万人に達するとも推計されています。

高齢者介護のあり方も、家族を中心とする介護から介護保険制度等の社会による介護へと移りつつありますが、高齢者が安心して生活できるためには、高齢者に寄り添い、高齢者のために、高齢者の財産を管理し活用することが必要です。

以下では、判断能力の低下した高齢者等の財産管理制度である成年後見制度を中心に、制度の概要と利用手続きについてご説明します。