相続とは・相続人の範囲と相続分

Q 私には妻子がいます。亡くなると相続になることは分かりますが、先のことと考え今一つピンと来ません。「そもそも相続とは」というあたりから説明いただけませんか。

A 相続とは、人の死亡を契機としてその人が有していた一切の財産を他人に承継させる制度です。「なんだ、そんなことは分かっているよ」とおっしゃるかもしれませんが、注意すべき点があります。

 

相続、基本の「き

戦前の法律では死亡以外でも相続が生じる場合がありました。年配の方ならご存じかもしれませんが、家督相続(かとくそうぞく)という制度です。

家の統率者である戸主(こしゅ)の地位を権利義務一切を含めて単独で承継させる際に、死亡以のみならず隠居等の場合も認められていました。

戦後の新憲法のもとでこの制度は廃止されましたが、今でも古い戸籍を取り寄せると戸主の記載をよく目にします。

 

次に相続の対象ですが、プラスの財産だけでなくマイナスの財産(借金)も引き継ぐことになります。この点は以外に見落とされています。

これに対し、扶養を受ける権利や恩給を受ける権利、生活保護の受給権など故人(被相続人)の一身専属的な権利義務は承継されません。

またお墓や位牌など、祭祀(さいし)に関する承継は慣習に従うのが原則とされ、相続の対象とはされません。

 

法定相続、遺言相続

最後に相続の仕方(させ方)ですが、法律の規定による場合とその人の意思による場合があります。

前者は、その人と一定の身分関係にある者が法律上当然に財産関係を承継するものです。「法定相続」といい、承継する立場にある者を「法定相続人」といいます。

後者は、その人の生前の意思である遺言(ゆいごん、いごん)によって財産関係を承継させるものです。「遺言相続」といいます。

 

遺言があれば、原則としてその内容が故人の遺志として法定相続に優先します。

ただし、一定の範囲の法定相続人には、たとえ遺言があっても自分の権利を主張することが認められています。これを遺留分(いりゅうぶん)といいます。別項でご説明します。

 

 

Q 私には妻と息子がいますが、私が亡くなると相続人は誰になりますか。もしも私より先に息子が亡くなった場合はどうですか。なお、私の両親は既に他界し、私には弟がいましたが、昨年妻と娘を残して病死しました。

A あなたが今亡くなると法定相続人は妻と息子になります。他方、息子が先に亡くなると法定相続人は妻と弟の娘(姪)になります。

1 相続人の範囲

相続については民法という法律に要件や効果が定められています。誰がどのような順番で相続人になるかは、血族(血のつながりのある者)の間では、第1順位は子、第2順位は直系尊属(父母、祖父母等)、第3順位は兄弟姉妹、となっています。

この順番で一番上の者だけが相続人になりますので、たとえば両親が健在でも子がいる場合は子だけが相続人となります。

子には、実子のみならず養子も含まれます。古来、家を継がせるために養子縁組をすることは良くありますね。

兄弟姉妹には、父母を同じくする場合と、父母の一方だけを同じくする場合がありますが、いずれの場合にも相続人となります(相続の割合である相続分は異なります)。

以上とは別に、配偶者(妻から見ての夫、夫から見ての妻)は常に相続人となります。配偶者は血族の相続人と同順位とされていますので、妻と子がいる場合にはそれぞれ相続人となるのです。当然ながら、離婚してしまうと相続人にはなりません。また、いわゆる内縁関係の夫婦でも、相続人にはなりません。戸籍に載っているかどうかが分かれ道です。

2 代襲相続

ところで、相続人となるはずの子が自分よりも先に亡くなったらどうなるでしょうか。この場合、子に子がいる場合(あなたから見て孫がいる場合)、亡くなった子に代わって孫が相続人となります。これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。下の家系に譲ってゆく、と考えるとわかりやすいです。

そうすると、あなたのケースでお孫さんがいないことを前提とすると、第2順位の両親がいませんので、第3順位の弟が相続人になるはずでした。しかし弟も既に亡くなっていますので、弟の子である姪が、弟の相続分を代襲相続して相続人になります。このように、兄弟姉妹でも代襲相続が認められています。

なお、子の場合の代襲相続は、子がいないと孫へ、孫がいないとひ孫へと、下に下にと続いてゆきますが、兄弟姉妹の場合の代襲相続は、甥姪までに限られる(その下には続かない)という違いがあります。

したがって、もしもあなたのお子さんに万一のことがあった場合、あなたの財産を全て妻に相続させようとお考えであれば、法定相続に優先する遺言の作成等を検討する必要があります。これは、もともとお子さんがいないケースでも同様です。

 

 

Q 先ほどのケースで妻や子の相続分はどうなりますか。子が私より先に亡くなった場合はどうですか。なお、私には離婚歴があり、前妻との間に子が一人いますが現在は音信不通です。このような場合の相続分はどうなりますか。

A 相続人が1人ではなく複数いる場合、それぞれの承継する割合を相続分といいます。遺言によって相続分を指定することもできますが(指定相続分)、そのような指定がない場合の相続分(法定相続分)について、民法は次のように定めています。

1 配偶者と子が相続人の場合

それぞれの相続分は2分の1ずつです。子が複数いる場合、各自の相続分は相等しいとされています。あなたのケースで前妻との子が存命であれば、妻が2分の1、子らがそれぞれ4分の1の相続分となります。

なお、かつては法律上の夫婦関係の間に生まれた子(嫡出子、ちゃくしゅつし)の相続分に対し、そうでない子(非嫡出子)の相続分が2分の1とされていましたが、平成25年9月4日の最高裁大法廷決定により、法の下の平等に反し違憲であると判断されたため、法改正により相続分の差はなくなりました。

2 配偶者と直系尊属が相続人の場合

配偶者の相続分は3分の2、直系尊属の相続分は3分の1となります。直系尊属が複数いる場合、各自の相続分が相等しいのは子の場合と同じです。

3 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者の相続分は4分の3、兄弟姉妹の相続分は4分の1となります。兄弟姉妹が複数いる場合、各自の相続分は原則として相等しいのですが、父母の一方のみが同じ兄弟姉妹の相続分は、父母双方が同じ兄弟姉妹の相続分の2分の1とされています。

以上において代襲相続があるケースでは、代襲相続人の相続分は被代襲者の相続分と同じです。先のあなたのケースで相続時点でお子さん2人が先に亡くなっており、孫もいない場合、妻の相続分が4分の3、姪の代襲相続分が4分の1となります。

これらの相続分を確定するには、あなたが生まれてから死ぬまでの全ての戸籍を取り寄せるとともに、あなたの相続人の戸籍も現在に至るまで全て取り寄せる必要があります。これは結構な手間暇のかかる面倒な作業です。兄弟姉妹が多い場合などは、その後の手続も含めて弁護士や司法書士に依頼することをお勧めします。